理髪店デビュー

こんにちは。柏市明原、ヤマ・クリニック 皮膚科医の甲斐やよいです。

皆さまも子どもの髪の毛をプロにお任せするタイミングに悩んだことはないでしょうか。とくに男の子の髪は難しく、早々にお手上げだったので、ママ友さんからおすすめのお店情報を聞いてみたりしたものの、店で暴れて迷惑をかけてもいけないと時期を見計らいながら1年ほどは私が頑張っていました。が、どうやってもボリュームが取れない。これから暑い季節がやってくる。ゴールデンウィークにはおじいちゃんとおばあちゃんの家に遊びに行く(…予定でした)。その前にカッコよくしておこう!と、思い切って近所の理髪店の予約を取りました。

店に行くと、椅子の上には既に子ども用の四角いクッションが用意されています。タオルをかけてクロスをかけ、息子はギュッと口を引き締め、緊張した様子です。私が視界に入ると気になって振り返ってしまうので、理容師の方に要望を伝えるとすぐに私は受付に隠れて待たせてもらいました。
✂✂✂✂✂
「何持ってきたの?」
「ゴミ収集車」(トミカのおもちゃです)
「車好きなの?」
「うん」
✂✂✂✂✂
「今日どこか行ったの?」
「うん、公園」
✂✂✂✂✂
二人の会話に声に聞き耳を立てているうちに無事に終了。希望どおりにスッキリとボリュームがとれて素敵に仕上がっていました。本人も気に入ったのか、帰りには、店で頂いたおもちゃの刀を振り回しながら「たんじろー!」と叫んで交差点を走り抜けていましたが…。私が「よく平気だったね」と聞いてみると「全然痛くなかった!」と(何故か)刀で斬りつけられてしまいました。

その後、東京には緊急事態宣言が、柏市にも蔓延防止等重点措置が発せられましたので、今年もおじいちゃんとおばあちゃんの家に行くのは諦めることになりました。みんなのワクチン接種が終われば、こうした何気ない家族の交流も諦めなくて済むのでしょうか…。

柏市では5月中旬から順次、高齢者の方々にワクチンの接種券(クーポン券)が配布されると聞いています。当院でも、来たるワクチン接種に向けて準備を進めておりますので、もうしばらくお待ちください。

前の記事

じんましんについて

次の記事

おうち時間の工夫