とびひの予防と治療法 - 暑い季節の皮膚トラブル③

「とびひ」とは

正式名称は「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といい、

細菌が原因で起きる皮膚の感染症です。接触することで、うつります。

火事の飛び火のように、あっという間にひろがることから「とびひ」と呼ばれています。

あせも、虫刺され、湿疹などを引っ掻いたところや、転んでできた傷口などから二次感染を起こして「とびひ」になります。

また、鼻孔の入り口には様々な細菌が常在しているため、おこさんで鼻の周りを触るくせがあると、鼻の周囲から「とびひ」が始まります。

鼻を触った手で、汗もや、虫刺されをひっかいたりすることで「とびひ」になってしまいます。

 

「とびひ」の予防には

  • 皮膚を清潔に保ちましょう。とくに夏は、お風呂に入ったり、シャワーを浴びたりをしましょう。
  • お子さんが鼻孔に指をつっこまないよう注意しましょう。
  • 手洗いをしましょう。
  • 爪を短く切っておきましょう。
  • ドライスキンのお子さんは、皮膚のバリア機能を保つためにも、保湿剤をしっかり塗りましょう。
  • 湿疹、あせもがあれば、ステロイドなどで、早く治しておきましょう。
  • みずいぼがあれば、少ないうちに取り除き、治しておきましょう。

 

「とびひ」を治療するには

治療には、主に抗菌薬を使います。

必要に応じてかゆみを抑えるお薬も使用します。

ご自宅ではのケアは、

発熱など全身症状がなければ、シャワーを浴び、泡立てた石鹸の泡で病変部をそっと洗い流しましょう。

シャワー後は、清潔なタオルでかるく拭いて、軟膏を塗ってガーゼで保護しましょう。

兄妹がいらっしゃる場合は、シャワー浴の順番はなるべく最後にしましょう。

 

プールへ入ったり、水泳をしてもよい?

プールに入ると、症状がひどくなったり、他の人にうつしてしまうこともあるので、完全に治るまでは控えましょう

❗❗ これは、日本臨床皮膚科学会、日本小児皮膚科学会が共同で統一見解を出しています ❗❗

次の記事

父の肖像、父の背中