10月29日は「世界乾癬(かんせん)デー」です

こんにちは。柏市明原ヤマ・クリニック、皮膚科医の甲斐やよいです。

世界乾癬デーは、患者さんが患者さんのために構想したもので、毎年10月29日に世界中の乾癬患者さんが意見を表明するためのイベントを開催しています。

今日は乾癬(かんせん)について少しだけお話しします。乾癬という漢字と読み方だけでも心に留めていただければと思います。

「乾癬(かんせん)」は残念ながら、「水虫」や「ニキビ」のように、日本ではあまり知られていません。

にもかかわらず、すでに10万人以上の患者さんがこの病気にかかって、毎日治療をされています。

乾癬は、悪性の病気ではありません。ヒトに移る感染症でもありません。

ですが皮膚の見た目もあり、患者さんにとっては、病気の悩み以上に精神的なつらさがあります。

そのため、治療では、ご家族やまわりの方々の理解と協力が、とても大切になります。

乾癬(かんせん)とは

銀白色のフケのようなもの(鱗屑)を伴う、境界明瞭な赤い斑点が全身に出ます。大きさや形、出現密度は様々です。

赤い斑点がくっつき大きくなることもあり、背中全体など広範囲に広がることもあります。

慢性的に機械的な刺激を受ける部位に発症する傾向があり、膝や肘、臀部、頭部、下腿などでよく見られます。

青壮年期に発症するケースが多いのですが、その他の年齢でも出現します。

乾癬の治療法は

乾癬に対する根本的な治療はないため、症状に合わせてステロイド薬やビタミンD3剤などの薬物療法を行います。

重症例では分子標的薬による治療を選択することがあります。

 

当院では、午前9時30分~12時30分、午後は15時~16時に皮膚科の診療をしております。

お困りのことがございましたら、いつでもご相談ください。