水虫治療、冬の陣🐎

こんにちは。柏市明原ヤマ・クリニック、皮膚科医の甲斐やよいです。

夏の病気と思われがちな水虫ですが、近年は暖房が完備され、ブーツをはく方も増えたため、冬に発病・悪化することがあります。

夏の症状が、秋になると落ち着き、治ったと思い込んで治療を止めると、次の夏にまた症状があらわれてしまいます。

足の裏や足の指の間をみて、がさがさ、ぶつぶつしていたり、

皮がむけるなど、気になる皮膚の症状があれば、

かかりつけの皮膚科に相談してみてください。

痒みがなくても、足白癬になっている可能性は、多いにあります。

白癬菌(はくせんきん;水虫の原因菌)は、寒さと乾燥には弱いけれども、冬も生き続けています。

冬こそ、完治のチャンスです!

次の記事

柏の汽車の公園