冬の寒さと「しもやけ」

こんにちは。柏市明原、ヤマ・クリニック 皮膚科医の甲斐やよいです。

前回に引き続き、冬の寒さをテーマにコラムをかかせていただきます。

皮膚科には11月末頃から「しもやけ」を訴える患者さんがいらっしゃることがあります。

○しもやけ 凍瘡(とうそう)とは○

「しもやけ」は「凍瘡」と言い、寒さが続くために末梢血管がうっ血し、皮膚障害が起きます。

冬期の気温が4〜5度で一日の気温の差が10度以上になると、起こりやすくなると言われています。

○しもやけ 凍瘡の症状○

体の末端、すなわち、指先や足指に起こりやすく、次いで耳たぶや頬などにも起こりやすいです。

症状としては、触れると冷たく、皮膚が赤く腫れあがったり、水ぶくれができたりします。

痛い・痒いなどを自覚することが多く、とくに温めると、余計にむず痒さが強くなるのが特徴です。

お子さまに多い病気ですが、大人になって繰り返す方もおられます。

○しもやけの予防○

・手袋や耳当て、厚手の靴下などでしっかり防寒しましょう

・靴下や靴が濡れた場合は直ちに乾かすか、新しいものと交換しましょう

・血行不良の原因になりますので、足の甲や指先を圧迫する靴は避けるようにしましょう

・指先や足指をグーパーと広げて血行を良くしましょう

・一時的にカイロなどで温めるのも良いのですが、低温熱傷には充分気をつけてください(コラム「低温やけど 保温グッズによる皮膚障害について」)

予防しても、どうしても改善しない場合は、お近くの皮膚科へご相談ください。

暖かい季節になっても症状が続く場合は、別の病気の可能性もありますので、ぜひご相談なさってください。

前の記事

冬の寒さ 当院の今昔

次の記事

鬼滅のマスクで鬼退治!