お薬手帳を携帯しましょう

こんにちは。柏市明原、ヤマ・クリニック 皮膚科医の甲斐やよいです。

「お薬手帳」とは、現在ご自身の飲んでいるお薬の種類や内容を記載した手帳です。先日は久しぶりに大きな地震がありましたが、災害時などにも役立ちますので、普段から携帯することをおすすめしております。

当院ではクリニックの中でお薬を調剤し、直接お薬をお渡しする「院内処方」を行っております。患者さんの利便性と経済性を重視して、この方法をとっています。これとは別に、病院で処方せんをもらって、薬局で調剤してもらう場合を「院外処方」といいます。

初診の方には、問診表と、診察の際にも、現在飲んでいるお薬について確認しています。再診の方も、診察の都度、お薬を確認しています。これは院内でお薬をご用意するときに、他院で出されたお薬との重複や併用による相互作用などを避けるためです。

とはいえ、ご本人さまも複数のお薬について説明するのは難しいこともありますね。

そこで「お薬手帳」をご持参いただくと、お互いに確認しやすくなります。また、当院での処方内容も、記載することができます。

受診される際は、ぜひ、保健証と診察券、そして「お薬手帳」の3点セットを受付にお出しください。

皆さまのかかりつけ医として、引き続き、より安全な医療を提供してまいりたいと考えております。

どうぞよろしくお願いします。