インフルエンザの流行に備えて

こんにちは。柏市明原、ヤマ・クリニック 皮膚科医の甲斐やよいです。

冬本番に向けて、インフルエンザをはじめとする感染症の季節となります。コロナ対策と同じくとはなりますが、引き続き、予防に努めましょう。

・手洗いの励行(アルコール製剤を用いた手指衛生)
・マスクの着用(不織布製で、鼻と口をしっかり覆うサイズの合ったもの)
・適度な湿度(50-60%)
・十分な休息とバランスの良い食事
・インフルエンザの予防接種

インフルエンザの予防接種を受ける場合、新型コロナウイルスワクチンの接種をうけた方は、2回目の接種から2週間以上の間隔を空ける必要がありますので、スケジュールにも注意してください。

もし、インフルエンザにかかってしまったら、症状が出てから約1週間ほどは鼻や喉からウイルスを排出するといわれています。マスクやハンカチなどを用いて鼻と口を覆い、咳エチケットを守りましょう。

インフルエンザでなくとも、熱、せき・鼻水・のどの痛みなどの風邪症状、倦怠感や味覚異常などの症状がある方は「発熱外来の受診希望です」といってお電話でご相談ください。発熱外来は完全予約制となりますので、必ず、電話で事前予約をお願いいたします。

前の記事

継承2周年