半畳のマイスペースにワクワク♪

こんにちは。柏市明原、ヤマ・クリニック 皮膚科医の甲斐やよいです。

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか? 久しぶりの行動制限のない連休でしたね。

私はといえば、慌ただしい毎日から解放された連休は、子どもたちとのおうち時間を過ごしておりました。ところが気付けば、家じゅうが子ども部屋状態…💦 気分転換に外に出かけると、家具メーカーのSALEの文字が目に入ってきました。

家具といえば大きな買い物になりますが、連休中のSALEとあって次々と立ち寄っていく方々を見ると勇気づけられます。自宅に戻ってからも、学生時代から使っている小さなソファをそろそろ家族用に買い替えてもいいだろうか、どうしようか、2~3日考えこんでいました。そしてSALE最終日、ようやく決心して、ショールームに足を踏み入れました。

ショールームには、温かみのある丸い照明に照らされた広い空間に、そっと椅子が配置されています。趣きのある建物で、エレベーターが手動の蛇腹扉であることに驚いていると、100年ほど前のものですと説明をうけて、まだきちんと動くことにも驚いてしまいました。映画のワンシーンのような素敵なエレベーターでしたよ。

ところが、ちょうどよいソファには出会えず、困っていると、担当の方に、「毎日お忙しいとは思いますが、家の中で、本当に自分の時間は、何時間くらいありますか?」と聞かれました。今まで考えたこともありませんでしたが、「小一時間くらいでしょうか?」と答えると、それなら、ご自分のためにいいなと思う1つを選んではいかがですか、と提案がありました。

家族のためにとソファを探していた私には目から鱗の発想でして、一旦帰宅して家族とも相談してから再びショールームに戻ると、今度は、デザインや座り心地、色を選びながら存分に楽しむことができました。80センチ四方の、私の居場所です。

その椅子は、まだ我が家にやってきてはいませんが、届くのがほんとうに待ち遠しくてなりません。これからの毎日、少しだけ自分が素敵になれそうです!