赤ら顔の治療〜ロゼックスゲルの保険適応追加について

こんにちは 柏市明原、ヤマ・クリニック 皮膚科医の甲斐やよいです。

「赤ら顔」は、医学的には「酒さ(しゅさ)」と呼ばれます。

症状が長く続き、治りづらいため、心理面での負担や、外見のことですので、お悩みの方も多いと思います。特に日差しが強くなる季節は、お困りの方もいらっしゃるでしょうか。

今回は、酒さに対し、保険追加された外用薬がありましたので、酒さと治療について、お話ししたいと思います。

○赤ら顔(酒さ)とは

お酒を飲んだ後のように、頬や眉間、鼻の頭などの赤みが慢性的に続き、ほてり感やひりひり感、痒みなどを伴う状態のことです。

赤みの正体は、血管拡張ですが、ニキビのような赤いポツポツ(丘疹)や膿疱が混ざっていることもあります。鼻が赤く大きくなる場合もあります。

○赤ら顔(酒さ)の原因

原因は、残念ながら、分かっていません。

毛穴にすむ毛包虫やニキビ菌による感染などが考えられていますが、明らかではありません。

血管が拡張した状態ですので、病名についているお酒や、日光、急激な温度変化、香辛料など、血行が良くなるものは、症状を悪化させる要因となります。

○赤ら顔を治療するには

テトラサイクリン系やマクロライド系の抗菌薬の内服

服用すると、比較的、症状が改善します。が、いつまで飲み続けるか?の判断は、悩ましいところです。

漢方を併用する場合もあります。抗菌薬を塗ったり、フォトフェイシャルなどを組み合わせて治療する場合もあります。

ロゼックスゲル

今回保険追加となった「ロゼックスゲル」は、抗菌外用薬です。

いままでは、がんが原因の皮膚潰瘍の殺菌や臭いを軽減する目的で処方できるお薬でしたが、このたび「酒さ」にも処方できるようになりました。

ロゼックスゲルの主成分はメトロニダゾールという抗菌薬です。このメトロニダゾールは、寄生虫や細菌を殺すためのお薬ですが、外用薬として塗ると、皮膚の炎症や血管拡張を抑える効果が期待できます。海外では、すでに赤ら顔の外用治療薬として広く使われています。

○まとめ

赤ら顔は、比較的、中高年の女性からのご相談が多くあります。私の治療方針として、金額的にも気軽に自費診療をオススメすることができず、かといって、既に他にお薬を飲まれてるのに内服を追加するのも抵抗がありました。今回、新しく保険で処方できる外用薬が登場したことで、私も期待を寄せています!

○余談

「赤ら顔」の病気を勉強したとき、私は「源氏物語の末摘花の君は、酒さなのか⁈」と疑問に思い、ご意見番の先生にうかがったところ「ニキビではないでしょうか」と返され、他にも「毛皮も着ていますし、季節的に寒いのなら、しもやけだったのではないでしょうか」との意見もありました。私の突拍子もない質問にまじめに答えてくださり、感謝でしたが、もし今の世に末摘花の君が来院されたら、本当は血管拡張なのか、コメド(毛穴に角栓や角質が詰まっている状態)を伴うニキビなのか、寒いところに居たからなのか、しっかり問診と視診をしてみたい!と密かに思っています。